省エネルギーへの取り組み

高品質生産、安定供給をテーマに社会的ニーズに応える近代設備。
製紙業界におけるエネルギー使用量は非常に多く、われわれ業界は共通して、エネルギーコストの低減をめざしています。当社は、コンピューターを導入して電力量の集中管理を実施しています。また自家発電設備では、従来より背圧タービンを設け、発電エネルギー転換後の低圧蒸気を、プロセス蒸気として有効に利用しています。その上、今回ガスタービン設備を導入し、その排熱を発電用高圧ボイラー設備にて利用するコージェネレーションシステムを構築しました。
総合的エネルギー管理のもとコスト低減につとめています。

【省エネルギー/発電設備】
●発電用高圧ボイラー設備
(都市ガス1缶:蒸発量 76T/H)
●発電設備

ガスタービン 2006年11月設置
(発電機:設備容量7,940KW)

 
背圧タービン
(発電機:設備容量9,100KW)
●電力管理操作室
(設備容量25,000KVA)
 
発電用ボイラーフロー>>>
 
環境整備への取り組み
地域社会への『貢献と協調』のために、社会的責務を果たす環境保全設備。
環境保全は企業の社会的責任です。当社は、公害を出さないために、大型設備投資を実行し、排水処理設備だけでも10億円以上を投じています。我が国最高の公害規制の数値をクリアーする最新鋭設備であると自負しています。これからも、より地域の安全と環境保全の考え方に基づき、惜しまぬ努力をしていきます。
【排水処理設備】
(設備能力: 10,000m3/日)
●加圧浮上処理設備   ●再生水2次処理 精密濾過設備   ●曝気式活性汚泥処理設備
 
●クラリファイヤー   ●超高速濾過処理設備  

 
 
COPYRIGHT(C)2003 HYOGO PAPER MANUFACTURING CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.